1. TOP
  2. 横浜丸中グループについて
  3. 企業理念

企業理念

横浜丸中ホールディングス株式会社代表取締役社長挨拶と、グループの中核企業である横浜丸中青果株式会社の企業理念を紹介いたします。

代表挨拶

Message

代表取締役社長 原田 篤

横浜丸中ホールディングス株式会社
代表取締役社長 原田 篤

弊社の設立は昭和22年、まだ横浜の地が戦後復興間もない、食料不足で野菜、果物の流通も未整備な時代まで遡ります。その後70年を超える年月を通じて、横浜市民、神奈川県民を中心とした各家庭の食卓に人が生きていく上では欠かせない、野菜・果物を安定供給していくことを使命として事業を進めてまいりました。

この間、我が国では食料不足の時代が終わり、高度経済成長を経て飽食の時代へと移り変わってきましたが、これからは農業人口の減少、少子化、高齢化、地球温暖化やウィルス等の新たな脅威への対策をしながら、安全、安心な野菜・果物を顧客と連携しながら地域で必要とされる量を安定供給していくことが求められます。

新たな時代に向かって私たちには、これまで以上に生産地、消費レベルにより踏み込んだ対応が必要とされ、そういった動きを川上、川下両方から期待される存在となりました。
横浜丸中グループとしては創業当初からの事業である、横浜丸中青果株式会社が市場青果卸として行ってきた、全国の生産地からの集荷と市場内業者、小売業者への販売を中心とした業務を、時代のニーズに応じたものに発展させながら、直販、加工機能を有する横浜市場センター株式会社や物流センターの運営、物流事業を中心とする横浜ロジスティクス株式会社を設立し、両社の経営を軌道に乗せていくことで、ホールディングスによるグループ経営へと発展させてまいりました。

近年では野菜カット工場への取り組みや農業生産への取り組み、民間企業として行政に代わっての卸売市場の開設・運営といった青果卸売会社としての幅を広げながら、新しい時代の青果流通、卸売市場のあり方を模索しているところであります。

最近は業務加工向け野菜の生産や植物工場の技術向上等、野菜、果物の流通はまだまだ変化、発展していく可能性が感じられるなか、私たち横浜丸中グループとしては、将来に向かっての日本の農業の維持、発展を目指し、日本の食を守るための流通システムの再構築に尽力していきたく、共に実現を目指していく新しい仲間を必要としています。

日本の農業の将来や食生活に欠かせない野菜・果物に関心を持ち、日々の青果流通に携わりながら発展途上である流通の改善、改革を進めていく私たちグループの一員となっていただく方が一人でも多く増えていくことを一同、期待しております。

企業理念

日本の農業を活性化し、
日本の食を守ります

横浜丸中グループの使命は、新鮮で安全安心な青果物の安定供給です。
青果物の最適流通に貢献するローコスト型のグループ経営を実現しながら、日本の農業の発展に寄与し、生産地、お取引先並びに消費者の皆様から青果物の中間流通機能として将来にわたって必要とされる会社を目指して努力してまいる所存です。

ENTRY

Join Us

新卒採用、中途採用、アルバイトやパートスタッフのエントリーは、こちらで承ります。 皆さまのご応募、お待ちしています。